Search this site
<< どんたく〜萩〜ボウリング | TOP | 虎だ、虎になるのだ! >>
記念日
いくつかある記念日のひとつ。

その日もいつもとかわらぬ朝を迎え、
いつものように家事をし、仕事をし、
いつもの時間に夕食の準備を始める。

そして、
いつものようにチャイムが鳴って、
玄関をあけると、

バラの花一輪持った夫が、立っていた。




こちらこそ、
いつもありがとう。










 花一輪を買う瞬間って、どんななんだろ。
 手にもって歩いて帰ってくるあいだって、どんな気分なんだろ。
 ついつい、ひやかしたくなる悪妻でした。
イヒヒ

posted by neroli-sa | 19:50 | 特別な日 | comments(2) | - |
コメント
いいなぁ〜。バラ1輪買う旦那さま。。。

私は昔、誕生日に歳の数ほどのバラをもらったことがあります。。。まだ20代前半のころだったけど、かなりうれしいやら、恥ずかしいやら。。な気持ちでした。
2007/05/14 20:39 by さとみ@dafe
*さとみ@dafeさま
お誕生日に歳の数ほどのバラ!なんてステキなんでしょ〜!!
って、わたしももらったことあります(照笑)
4○本ほど・・(爆)
主はいわずもがな。夫さまでございます。
「うれしいやら、恥ずかしいやら」って、わかるわあ。

にしても、歳がいけばいくほど、花代もかかるってなもんで(超現実的発言w)
2007/05/15 13:58 by ネロリ
コメントする