Search this site
<< いよいよ明日 | TOP | ノリタケ60 >>
花嫁してきました
::::: 別のブログから移管した記事です(2008 5/28) :::::


結婚式も無事に終わり、やっと少し落ち着いてきたところです。

式の前夜は、結局いつもより夜更かししてしまった・・
Wカップの開催式見てしまって。
おまけに夜中のラーメンまで食べてしまって。。


お式は。ひとこと、『感無量』でした。
気恥ずかしいけれど、素直に本当に大感激でした。

お互いバツ持ち同士であること、年齢的なこと、
そしてお互いの意思もあって、『人前式』を選びました。
身内だけの、簡素ではあるけれどとてもあったかいお式だったと思います。
でも、すごく緊張もした・・
照れ臭いというかなんというか。

夫の提案で、お互いがお互いへのメッセージを準備していたのですが、
本番までその内容はお互い知らない。
夫が先にそれを読み始めた時、もう、涙こらえるの必死でした。
顔が歪んでたかも(笑)

泣くな!泣くな!と自分に言い聞かせてたせいか、
夫の言葉は全て覚えていません(爆)

でも、メッセージカードはそれぞれ手渡し交換したので、
あとからじっくり読み返すことができました。
宝物ができました。


人前式では、神父さんの代わりに、
ウェディングミニスターという方が司式を努められます。
その方のお話が、ものすごく素晴らしかった・・。
そこでもまた、泣きそうになりました。

雨の日も風の日も・・何があっても夫婦は・・云々・・
みたいなお話とは違い、肩の力の抜けた、なんというか、、、
とてもすんなり心に響く良いお話でした。
うちの母も、しきりと「じ〜んときた」と申しておった程。

さらに大感激だったのは、
お友達が一人、わざわざ大分から来てくれてたこと!!
いよいよ退場の時、大きな大きなそれは素晴らしい花束を抱えて、
Tさんが目の前に!!
そこでもまた、涙こらえるのが必死でした。

教会のスタッフさんの粋な計らいで、
ほんとに素敵なサプライズをちょうだいしました。
大きな大きな花束を抱えて訪ねて来てくれたTさんの姿に、
「こんな素晴らしいこと!ぜひともお式の中でご登場を!」と、
Tさんに声を掛けてくださったそうです。
あのときの場面、思い出すだけで今も目頭が熱くなります。
ほんとうに、ほんとうにどうもありがとう。Tさん。


式のあとは、お食事会という名の酒盛り。
姪っ子がプレゼントしてくれたバカラのグラス二個を
その場でさっそく箱から出し、焼酎入れて飲みました(笑)


感激感動の一日を終え、翌朝は5時に起き、
お酒の匂いをプンプンさせながら、夫の両親と一緒に出雲へ。
プロペラ機、まるで遊覧飛行〜 たのしかった!
もちろん、初出雲も。

出雲大社といえば、縁結びの神様でも有名ですね。
わたしたちは、結婚御礼のご祈祷もしていただきました。

その夜のお宿は、玉造温泉。
のんびり温泉につかって、アロマエステも堪能してきました♪
(旦那様、ありがとう!)
旅館のお食事もどれを取ってもすごく美味しくて、お庭は奇麗だし、
夜のお散歩コースもサイコーでした。
行灯の貸出サービスもあって、浴衣に下駄、そして行灯持っての
お散歩。川面に沿って、
たっくさんのキャンドルが灯されライトアップされてました。


武家屋敷や、小泉八雲記念館や、松江城、遊覧船などなど、
二日間、たーーーっぷり遊んできました。
もちろん、連日昼食は出雲蕎麦。
これがまた、こんな美味しいお蕎麦食べたことない!
ってくらい口に合った。。割子蕎麦!!

あーー、とにかく、さんざん遊んで楽しかった〜!
福岡へ帰ってからも、四人でそのまま食事に出掛け、
また食べる&飲む・・
数日、ものすごい量の飲食です。。
贅沢しすぎで罰があたりそうだね、と言いつつ、
二人ともよく食べる。
(昨日から、粗食です(笑))


そんなこんなで、あっという間にもう木曜日?
この週末は、のんびり過ごすべ。


○花嫁記念大サービス!後ろ姿・・



○玉造温泉での食事ほんの一部



posted by neroli-sa | 11:44 | 特別な日 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
腰、ほそぉーーー!!
2008/06/11 16:51 by さくら@
*さくら@さん
こっちにもコメントどうもありがとう♪

って、ひとことかい。

で、それ、勘違いですから。
けっして、けっして、腰ほそくなんてないですからああああっ!!!!!!
声を大に言います。

上から撮ってるから、細く見えてるだけなんですよ。ほんとほんと。
実物見たら、、、「・・・・・」ってなること間違いなし。。
2008/06/12 13:36 by ネロリ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.neroli-sa.com/trackback/768137
トラックバック